RFIDを使ったシステムの設計から開発・運用・活用まで一貫したソリューションをご提案いたします。

  1. HOME
  2. システム開発
  3. RFIDソリューション

RFIDとは

2.45GHzRFIDタグ管理システムの概要
RFIDシステムは、「RFIDタグ」「アンテナ/スキャナ」「パソコン等上位機器」の3要素で構成されます。「RFIDタグ」は大量のデータを格納できるICチップとアンテナからできており、ICチップに書き込まれたデータは「パソコン等上位機器」の指示のもと、「アンテナ/スキャナ」を介して読み取ったり、あるいは書き換えることが可能です。
RFIDシステムは、バーコードに代わる次世代技術として期待されていますが、バーコードとの最大の違いは「自動的に、複数の同時一括に読み取る事が可能」ということです。
そのため、製品管理や各種オペレーションを自動化・効率化する革新的技術として、主に物流や流通の分野で大きな注目を集めています。

RFID基礎知識 ~2.45GHz帯 (マイクロ波帯)~

RFIDシステムは、125~148kHz、13.56MHz、915MHz、2.45GHzといった幅広い周波数帯で展開されています。多くの場合、RFIDアプリケーションの使用には、実装モデルやRFIDネットワーク・ソフトウェア・パッケージを必要とします。
最も基本的なRFIDシステムの決め手は、タグに電源が備わっているか否か、アンテナ/スキャナがRFIDタグを読み取ることのできる距離、RFIDタグが備えている記憶容量などです。
RFIDシステム2.45GHz帯 説明図RFIDシステム2.45GHz帯 説明図

RFIDの適用分野

製造業 生産工程管理、 機器・金型・設備等の資産管理・保守管理、 部材の補充、製品のトレーサビリティなど
流通、物流 入出庫管理 、 在庫管理 、 検品、商品・荷物の仕分けなど
サービス レンタル管理 、 自動精算、顧客・来客の管理など
小売 商品管理 、 在庫管理 、 棚卸、顧客の購買管理など
医療 医薬品・医療機器の管理、医療過誤の防止、 カルテ検索
医薬品の真贋判定、医療機器の廃棄など
セキュリティ 勤怠管理 、 入退出管理、 書類・メディア管理 など
公共 環境対策 、 災害対策 、 高齢者・障害者支援 、 道路、交通システム観光地などの案内、IDカード(パスポート・免許証)など