交通費精算システムSPEASICとのシステム連携

システム連携のイメージ

ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)は様々なシステムと連携可能です。一例ですが、グループウェアとのシングルサインオン、現在利用中のワークフローに精算データを送信、会計システムとの自動連携を実現しています。

その他、交通費精算システムは普段外出の多い営業マンにとって欠かせないシステムとなりますのでSFA(営業支援システム)との連携も検討しております。ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)は柔軟に他のシステムとの連携を行っていきますので、連携ご希望のサービスプロバイダの方はご連絡頂ければ対応させて頂きます。お問合せは本ページの下部の問い合わせフォームからお願い致します。

交通費精算リンク問い合わせリンク

■グループウェアとのシングルサインオン

ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)グループウェア desknet’sとシングルサインオン機能によるログインに対応しています。グループウェア desknet’sにログインすることでICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)へのログインは不要で、交通費の申請・申請状況の確認・承認が行うことができます。

desknets画面シングルサインオン

グループウェア desknet’sのガジェット内の「申請画面」または「承認画面」のリンクをクリックするとICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)にて作業を継続できます。

交通費精算リンク問い合わせリンク

■CMSとのXML連携

ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)は現在稼働中のCMS(コンテンツマネジメントシステム)に交通費精算に必要なデータを提供しております。交通費の精算データは改ざんされないようにCSVファイル等の出力ではなく、XML連携することで正確性を担保しております。またシステム連携でユーザはUIが変わることなく1システムとしてご利用頂けております。CSM以外にはワークフローシステムへのXML連携も実施しております。送信データには個人情報を含まず送信可能です。

<連携のイメージ図>

XML連携イメージ

交通費精算リンク問い合わせリンク

■会計システムとの連携

ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)で「申請→承認→仕訳」された精算データを会計システムに吸い上げる際、CSVファイルのエクスポートだけでなく会計システムと自動連携を行うことも可能です。現在、勘定奉行・弥生会計・JDL・GLOVIAなどと自動連携を行っております。現在ご利用中の会計システムとの連携に関しては、お気軽に弊社担当者までお尋ね下さい。

システム連携に関するお問合せ

ICカード交通費精算システムSPEASIC(スピーシック)とのシステム連携に関するお問合せは下記に必要事項をご記入下さい。追って担当者より連絡させて頂きます。

faqリンク※FAQのページによくある質問をまとめております。こちらもご参照下さい。

お問合せ製品(必須)
現在ご利用中のシステムとの連携をご希望の方現在サービス中のシステムとの連携をご希望の方システム連携を検討中の方

会社名 (必須)

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文(必須)

※ウェブサイト上の個人情報の取扱いについて
いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応のみ使用し、他の目的に利用することはございません。また、弊社はあらかじめお客様の同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
弊社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「弊社プライバシーポリシー」をご覧ください。上記事項をご確認の上、ご同意いただける方は下の「同意する」をチェックしたまま「送信」ボタンを押して下さい。(チェックを外しますとメッセージは送信されません)

同意する

 

交通費精算リンク 勤怠リンク

SPEASIC Lite SPEASICの機能 経費削減効果 モバイル対応

導入フロー 消費税対応 交通費の仕組み