打刻場所の特定ができるSPEASIC

officeの入り口

問い合わせリンクICカード勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)は打刻した場所の特定ができる勤怠管理システムです。

勤怠管理システムは打刻位置の特定が必要

Map_pinエスピーイー株式会社はICカード勤怠管理システムにも不正が生じないためにも打刻位置の特定が必要と考えています。紙のタイムカードや生体認証などでは打刻する場所の特定も容易です。ICカードで打刻する場合には打刻する機器が必要となります。市販されているICカードリーダを利用した場合はパソコンとの接続が簡単で会社以外からも簡単に打刻ができ、不正が生じる可能性もあります。そのためエスピーイー株式会社ではICカード勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)には専用のネットワーク対応ICカードリーダを用います。ネットワーク対応ICカードリーダでは緯度経度と本体のシリアル番号を結びつけ正確な場所の特定を実現しています。

ICカードリーダリンク問い合わせリンクまた外出時にはスマートフォン・タブレット・携帯電話のGPS機能を用いて場所の特定を行います。出張や外出時の場所の特定に便利です。事前に登録されている場所と違う地点での打刻には地図も表示されます。

打刻位置の登録

打刻位置の登録はとてもシンプルで簡単です。

  1. 登録したい場所の住所を入力・位置確認
  2. 誤差範囲を予め設定(GPSは機種やOSなどにより精度に誤差が生じる場合があります。)し、新規登録。

これだけの作業で打刻位置の登録は完了します。会社の事務所を事前に登録しただけでどこで打刻したか確認いただけます。

打刻位置登録の画面イメージ

打刻位置登録の画面イメージ 打刻位置登録の画面イメージ2

勤怠リンク


問い合わせリンク

 

導入メリット シフト管理 モバイル対応 経費削減効果