多様な働き方を実現する位置情報管理勤怠システム

  • トップページ
  • 多様な働き方を実現する位置情報管理勤怠システム

2019年4月に施行された働き方改革関連法案の流れを受け、各企業では働き方を見直す良い機会となる一方で、勤務状況の把握という課題に頭を抱える人事部門が急増しています。
その問題点と解決策を以下にご紹介していきます。



目次



‐ 勤怠管理における打刻位置情報の重要性

1.働き方の多様化と位置情報管理の必要性
働き方改革により『直行直帰』『テレワーク』『裁量労働』などといった柔軟な働き方を推進する企業が急増している昨今、対する課題として勤務状況の把握が必要不可欠となっています。
特に外出先で出退勤する場合には位置情報を得ずして実態の把握はできません。
「勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)」ではスマートフォンなどのGPS位置情報を活用し、社外で打刻した場合にはWEBタイムカード上に位置情報を反映する機能を搭載しています。
この情報は上司や人事担当者からも確認できるため、自由度の高い働き方に対する勤務実態の可視化を実現します。

2.複数拠点の位置情報登録
当社エスピーイー株式会社が開発、販売をしているICカードリーダー(打刻機)は、機器番号と打刻位置を「勤怠管理システム SPEASIC(スピーシック)」に登録することができ、打刻した位置及び機器の特定を可能にしています。
これにより、複数拠点で勤務する従業員がICカードリーダーを利用して打刻した場合でも、「いつ」「どこで」「だれが」出退勤したのかを記録として残していくことができます。

3.打刻場所の位置情報登録
「勤怠管理システム SPEASIC(スピーシック)」では、訪問頻度の高い顧客や出向先など、任意で特定した場所の位置情報(緯度・経度)を登録することができます。
これにより、打刻機が設置されていない場所でスマートフォン打刻をした場合でも、位置情報とともに拠点や訪問先情報も記録に残していくことができます。

‐ 多様な働き方に対応した勤怠管理システムSPEASIC

エスピーイー株式会社では、自社で開発、販売しているICカードリーダー(打刻機)やスマートフォンを勤怠管理システムに連携することで位置情報を可視化し、透明性のある勤務状況の把握と柔軟な働き方の実現を可能にしています。
クラウド型のシステムなので導入、運用に掛かる費用も安価で提供しています。
またシステム開発力が当社の強みであり、独自の就業規則をシステム化することも可能ですので、位置情報取得に限らずお悩みの課題があれば、お気軽にお問い合わせください。

‐ 代表的な出退勤の打刻方法

1.ICカード打刻
Mifare(マイフェア)やFeliCa(フェリカ)といったICカードを専用の打刻機にタッチすることで出勤退勤の時間を取得する方法です。
「勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)」では、自社で開発、販売しているICカードリーダー(打刻機)を含め、複数種類のICカード打刻機に対応しています。

2.スマートフォン打刻
外出先から各従業員が携帯しているスマートフォンで出退勤打刻を行う方法です。
「勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)」では、スマートフォンで打刻を行うページはブラウザ上に表示させるため、Android/iOS(iPhone・iPad・iPod)と機種を問わずご利用頂けます。

3.タブレット打刻
各従業員が社内に設置したタブレットへログインして出退勤打刻を行う方法です。
「勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)」では、タブレットで打刻を行うページはブラウザ上に表示させるため、Android/iOS(iPhone・iPad・iPod)と機種を問わずご利用頂けます。

4.パソコン打刻
各従業員が自身のパソコンへログインして出退勤打刻を行う方法です。
「勤怠管理システムSPEASIC(スピーシック)」では、パソコンで打刻を行うページはブラウザ上に表示させるため、パソコンのOSや機種を問わずご利用頂けます。

その他、就業規則の見直しや独自規定のシステム化など、勤怠管理に関してお悩みがある方は、ぜひエスピーイー株式会社までお気軽にお問い合わせください。

無料トライアル・資料請求はこちら!
お気軽にお問い合わせください。

03-5722-5456

/ 営業時間 平日 9:00~18:00